【ポケットWi-Fi】おすすめプロバイダTOP3

第1位!

キャッシュバックNo.1!
『GMOとくとくBB』

第2位!

PCセットオプションあり!
『BroadWiMAX』

第3位!

月額2,480円という安さ!
『YAHOO!Wi-Fi』

GMOとくとくBB
詳細はこちら

BroadWiMAX
詳細はこちら

Yahoo!Wi-Fi
詳細はこちら

テザリングって何?【まずはここから】

皆さんは「テザリング」という言葉を知っていますか?おそらく名前だけ知っている、という人が多いのではないでしょうか。
ここではテザリングについて解説をしていきますので、名前だけでなく意味もちゃんと理解しておきましょう。

 

テザリングって何?

 

テザリング

モバイル端末をモデムとして使う方法

テザリングとは、モバイル端末を経由させて、通信ネットワーク機能を搭載したパソコンやタブレット端末をインターネットに接続させる方法のことです。よく知られているのは、スマートフォンなど、単体でも通信に使える端末を、ノートパソコンなど他の端末と接続し、モデムのような扱いにしてインターネットに接続する方法です。

 

ワイヤレスでも利用できる

この際、モバイル端末とパソコンやタブレット端末との間は、ケーブルを使ってつなぐ以外にも、Bluetoothや無線LANなどでつなぐこともできます

 

通信会社泣かせのテザリング

テザリングに対応した携帯電話やスマートフォンを持っていれば、別途契約を結ぶことなくパソコンやタブレットの接続に使うことができます。そのため、外出先でノートパソコンやタブレットを使うことがあっても、それほど頻繁には使わないというようなユーザーにはメリットがあると言えます。

 

回線の負荷が原因で以前は認めていない事業者もあった

しかし、回線を使わせる通信会社の方から見れば、パソコンの接続に使うと携帯電話やスマートフォンよりも大きなデータのやり取りが行われるわけですから、回線が混む原因になってしまいます。そうなると、本来の使い方をしている携帯電話やスマートフォンの利用者からつながりにくいなどのクレームを受けることになりかねません。特に、回線を借りる形でユーザーを募るMVNOの場合、回線を管理する会社に支払う金額とユーザーから集める通信料収入のバランスがくずれてしまうため、以前はテザリングを認めていない事業者もありました

 

帯域制限以外の回線負荷対策に期待

スマホの普及で回線の負荷が増大

スマートフォンの普及によって、テザリング機能を使うまでもなく、以前よりも通信容量が大幅に増え、回線にかかる負荷が増大しています。時期や時間帯によってはつながりにくいといったトラブルも起きやすくなっているため、帯域制限の導入を行う事業者も増えました

 

この帯域制限は、一部ヘビーユーザーには不評ですが、大多数のユーザーに回線を快適に利用してもらうためには、ある程度仕方のないところかもしれません。今後、帯域制限以外にも効果的な回線負荷対策が行われるようになることが期待されます。