【ポケットWi-Fi】おすすめプロバイダTOP3

第1位!

キャッシュバックNo.1!
『GMOとくとくBB』

第2位!

PCセットオプションあり!
『BroadWiMAX』

第3位!

月額2,480円という安さ!
『YAHOO!Wi-Fi』

GMOとくとくBB
詳細はこちら

BroadWiMAX
詳細はこちら

Yahoo!Wi-Fi
詳細はこちら

WiFiって何?【まずはここから】

WiFiって何?

WiFiという名前は耳にしたことがあっても、どのようなものか詳しくは知らないという人もいるかもしれません。スマートフォンはもちろん、3DSなどのゲーム機やタブレット端末などにもWiFi対応と書かれていますし、お店の入り口にWiFiスポットの文字もよく見かけます。ですから、あまり詳しくない人でも、何やらインターネットの接続に使えそうだということくらいはわかるでしょう。

 

WiFiは無線LANのブランドの1つ

実は、WiFiというのは、インターネット接続に使われる無線LANのブランドの1つなのです。かつては有線でつなぐのが当たり前だった端末を、無線でインターネットに接続できるようにしたものが無線LANですが、その中でも、WiFiを名乗ることができるのは、WiFi Allianceが特別に名乗ることを認めた優秀な機械だけです。

 

以前は接続の保証が無かった

WiFiが主流になる以前の無線LANは、たとえ同じメーカーの製品であっても、新しいものと古いものでは互換性のないことが多く、新しく買い替えた時など、インターネットにつながるかどうかの保証がありませんでした。それが、WiFiの登場によって、対応があらかじめ保証されるようになったため、端末の選択が楽になりました。

 

WiFiのメリット

WiFiは、自宅では無線でどの部屋からでも使え外出先でもWiFiの環境があるところならノートパソコンやタブレットの接続ができるというだけでなく、他にもいろいろなメリットがあります。

 

スマートフォンのパケット代の節約

例えばスマートフォンユーザーであれば、高速の回線を使用しながら、パケット代を節約できます。ほとんどのスマートフォンユーザーが、パケット定額のプランを契約しているのではないかと思われますが、自宅やWiFiスポットなどでスマートフォンを使うとき、WiFiの回線を選んで接続すると、パケット代の節約になります。

 

と言うのも、WiFiで接続している間は、パケット代がかからないからです。特に、テザリングの機能を利用している方などは、7GBのラインを超えて急激に速度が落ちるのを避けるためにも、WiFiの利用は有効です。

 

複数の端末での同時利用が可能

また、複数の端末を同時につなげることができる点もWiFiのメリットと言えます。自宅に親機として無線LANルーターを置いておけば、パソコンやスマートフォンはもちろん、タブレットやゲーム機など、家族が同時に使っても大丈夫です。

 

ケーブルがないため邪魔にならず、電波が届く場所ならどこでもインターネット接続できるので便利です。

 

WiFiのデメリット

セキュリティ対策が必要

デメリットと言うより注意すべき点ですが、電波が届くところなら、外でも接続できてしまうため、きちんとセキュリティ対策をしておきましょう。電波の性質上、見知らぬ誰かにただで利用されてしまったり、メールの中身やパスワードを盗み見されたりしかねません。

 

機器によってセキュリティのレベルが異なる

搭載されているセキュリティのレベルが機械によって異なるため、なるべく高度なセキュリティを搭載した機種を選ぶようにしましょう。