WiMAXで動画が止まる!遅いのはなぜ?途切れる原因と制限を詳しく紹介!

WiMAX遅い

 

WiMAXで動画を見ていると、なぜか止まる、そもそも通信が遅い、動画が途切れる、なんて思いをしてイライラしてた経験がある方もいるのではないでしょうか?
せっかくWiMAXを契約しているのに!と思うこともあるでしょう。
今回はそんなWiMAXで動画やネットがサクサク見られなくてイライラしている方たちに、その原因を徹底分析してご紹介します!

 

WiMAXで動画が止まる原因

原因

 

まず、動画が止まる原因を大まかに2つ紹介します。

通信制限によるもの

代表的なものとして通信速度制限があります。
さっきまでサクサク動画が見れていたのに、通信速度が急に遅くなった、あるいは極端に遅くなった、と感じる場合は通信制限にかかっている可能性が高いと思われます。
一言に通信制限といっても、大きく分けて理由は3つありますので順を追って説明していきます。

 

月7GB以上の通信を行った場合

7GB

WiMAXの利用プランは大きく分けて「ギガ放題」と「ライトプラン」の2つのプランがあります。
前者はギガ放題、ということは通信料が使いたい放題、後者は月間7GBの利用制限があります。

 

7GBの制限のある「ライトプラン」にて契約されている場合は、月に7GB以上のデータ通信を行うと通信速度が最大440Mbpsから最大128Kbpsにまで制限されてしまうのです。
この速度制限が解除されるには翌月1日を待つしかありません。
有料オプションにて追加のギガを購入して速度制限の解除もできないので、月が替わるのをも待つしかないということになります。

 

「ハイスピードプラスエリアモード」(au 4G LTE)を月に1度でも使い、なおかつその月に7GB以上の通信を行った場合

WiMAX2+の調子が悪いときに重宝するのが「ハイスピードプラスエリアモード」です。
このハイスピードプラスエリアモードを月に1度でも利用すると、たとえ「使い放題プラン」であっても月の通信量に7GBという上限ができてしまいます。
つまり「使い放題プラン」にも関わらず速度制限がかかるケースがある、ということです。
ハイスピードプラスエリアモードを使ったau 4G LTEでの通信の上限が7GB」ではなく、「全ての通信の上限が7GB」になってしまう点に注意が必要です。

 

直近3日間で10GB以上の通信を行った場合

10GB

速度制限がかかるのは「3日間で10GBを超えた日の翌日のネットワーク混雑時間帯(18時頃〜翌2時頃)」で、通信速度が最大440Mbpsから最大1Mbps程度にまで制限されます。
この速度制限が解除されるには直近3日間の通信量の合計が10GBを切るのを待つしかありません。

 

なおUQコミュニケーションズでは10GBの通信量の目安を以下のように公開しています。
パソコンを使って1日2時間半弱のペースでYouTubeの動画を超高画質モードで視聴すると10GBに到達してしまうようです。
ちなみに「7GBプラン」では、この約7割程度の利用で月の容量7GBを使い切ってしまうことになります。

 

エリア外など、電波が弱い場所にいる

電波弱い

 

WiMAX2+の速度が遅い人で、旧規格のWiMAXではなく最新のWiMAX2+を使っている、月の通信量による速度制限もかかっていない、という人は電波がきちんと届いていないことが原因として考えられます。
実は、WiMAX2+の電波は2.5GHz帯という高周波数帯を利用しているために障害物に対して回り込みが弱いという電波特性を持っています。

 

なので、都心でも電波が弱くなってしまう可能性があるので、本体をカバンから出して使う、本体は立てて使うなど、電波の受信環境を整えてあげるようにしましょう。
また、そもそもエリア外ということも考えられますので、電波がきちんと届く状態に自分がいるのかどうか、チェックすることが必要です。

WiMAXで動画をサクサク見るには?

WiMAX2+の通信速度は最大558Mbpsであることを念頭において、人気動画配信サイトの通信量を見ていきたいと思います。

 

Hulu

Hulu

 

Huluの1時間あたりに必要な通信料は画質設定が「最高」で約1.8GB、「高」で約1.08GB、「中」で 約0.63GB 、「低」で 約0.21GB、となっています。
動画を最高画質で観ると、1時間1.8GBもかかってしまうので、2時間の映画を3本で観ると10.8GBになり、一気に見てしまうと3日で10GBの速度制限対象に引っかかってしまいます。

 

ですが、「中」でもDVD以上の綺麗な画質で動画をみることができ、しかも必要なデータ量は2時間で約1.2GBです。
これなら1日2本映画を見ても、3日10GBの速度制限に引っかかることはありません!

 

U-NEXT

U-NEXT

 

U-NEXTに必要なデータ量は高画質で速度1.5〜4Mbps1時間あたりの通信料が約2GBとなります。
自動なら0.1〜4Mbpsで、1時間あたりの通信料が約0.45〜2GB で、低画質なら速度が0.1〜0.5Mbps1時間あたりの通信料が約0.2GBです。

 

ですので、低画質の0.1〜4Mbpsの通信速度があれば十分視聴できるし、1Mbps以下で再生することができます!

 

1日で何本も映画を見たいなら低画質で、たまに見るなら自動や高画質でも3日10GBの上限を気にしなくていいということになります。
また、速度制限時に1Mbpsに制限されていたとしてもWebサイトやYouTubeは普通に使える速度がありますし、上で書いたようにU-NEXTの視聴に必要な速度は0.1〜4Mbpsです。
ということは、速度制限中でも問題なくU-NEXTで動画は見られる、ということになります。

 

アマゾンプライム

amazon

 

標準画質(SD)なら必要速度が900Kbps、1時間あたりに必要な通信料が0.6GBです。
高画質(HD)なら必要速度が3.5Mbps、1時間あたりに必要な通信料が1.8GB、最高画質(UHD)なら必要速度が15Mbps、1時間あたりに必要な通信料が5.8GBとなっています。

 

つまり!標準画質のSDなら3日間で16時間以上の視聴でも速度制限の対象にあたらない、ということになります。
SDプランは画質が悪いと思割れがちですが、SDってDVDと同じ解像度なので、普通にレンタルDVDを見ている人であればいつもと同じ画質なのです。
高画質HD・標準画質SDで利用すれば速度制限は問題にならないということになります!
しかも、速度制限時の通信速度は1Mbpsなので、WiMAXは速度制限時でもSDなら問題なく観るっことができます。
HDでも、少し粗くなりますが視聴可です。

WiMAXで動画を見るなら?おすすめプロバイダ!

趣味で動画を見る方は個人的におすすめしたいWiMAX2+のプロバイダは、以下の2社です!

 

とくとくBB

GMOとくとくBB

 

とにかく、 キャッシュバック金額トップクラスで月額料金が最もお安くなるお得なプロバイダです!
もちろん、速度、容量、制限など通信サービス内容は他社と同じなので問題はありません。

 

また、申し込み受付方法が簡単で問い合わせの対応力が抜群にいいのも特徴の1つです。
何よりもきちんとキャンペーンにのっとってキャッシュバックを受け取れば、WiMAXが一番お得に使える、というのが最大のメリットです!

 

とくとくBB

 

Broad WiMAX

Broad WiMAX

 

キャッシュバックは貰い忘れそう…という方におすすめたいのがBroad WiMAXです。
Broad WiMAXの特徴は月額料金が他のプロバイダよりもかなり安い代わりに、キャッシュバックキャンペーンがありません。

 

他社のキャッシュバックキャンペーンって、対象月のメールをチェックして、手続きをしなければもらえないというものが多く、意外と不評なのが難点なのですが、Broad WiMAXはその心配は一切無用です。
しかも、月額使用料を安く設定しているので、契約期間の3年間を過ぎてもずっとお安く使えるというのもポイントです。
もちろん最新機種のルーターでもその料金体系は変わらないのでお得感があります!

 

Broad WiMAX

 

さいごに


WiMAX=動画が見られない、なんてことは全く心配しなくていいことが分かりましたね!
ただ、WiMAXの電波は障害物が多いと届きにくいという性質もあるので、少しでも電波のひろいやすいところにWiMAX本体を置いて、快適に使うようにしましょう。
また、プロバイダによる通信環境はあまり左右されないので、価格を重視してお得なプロバイダを選ぶことが重要です。