WiMAXで動画が止まる!遅いのはなぜ?途切れる原因と制限を詳しく紹介!

更新◆

WiMAX遅い

 

WiMAXでYouTube動画を見ていると、なぜか止まる、そもそも通信が遅い、動画が途切れる、なんて思いをしてイライラした経験がある方も多いのではないでしょうか?

 

せっかくWiMAXを契約しているのに意味ない!と思うこともあるでしょう。

 

今回はWiMAXで動画やネットがサクサク見られなくてイライラしている方たちに、その原因を徹底分析してご紹介します!

 

WiMAXやWiMAX2が遅いのはプロバイダのせい?

プロバイダ

UQ WiMAXがは遅い!カシモWiMAXは遅い!GMOとくとくBBは遅い!
など、WiMAXが遅いのはサービスを提供しているプロバイダのせいだと思っている人もいるかもしれません。

 

ですが、WiMAX通信の規格はどのプロバイダも同じなので、プロバイダで速度が変わる事はありません。

 

それでは、一体何が原因で通信速度が遅くなってしまうのでしょうか。
WiMAXやWiMAX2+が遅いと感じている人は、下記の原因を参考にしてみて下さい。

 

WiMAXで動画が止まる&遅い原因

原因

 

まず、動画が止まったり遅くなったりする原因を大まかに2つ紹介します。

  1. 通信制限によるもの
  2. エリア外など、電波が弱い場所にいる

 

通信制限によるもの

代表的なものとして通信速度制限があります。

 

さっきまでサクサク動画が見れていたのに、通信速度が急に遅くなった、あるいは極端に遅くなった、と感じる場合は通信制限にかかっている可能性が高いと思われます。

 

一言に通信制限といっても、なってしまう理由は大きく分けて3つあります。
1つずつ説明していきますね!

 

月7GB以上の通信を行った場合

7GB

WiMAXの利用プランは大きく分けて「ギガ放題」と「ライトプラン」の2つのプランがあります。
前者の「ギガ放題」は通信量が使いたい放題、後者は月間7GBの利用制限があります。

 

7GBの制限のある「ライトプラン」にて契約している場合は、月に7GB以上のデータ通信を行うと通信速度が最大440Mbpsから最大128Kbpsにまで制限されてしまうのです。

 

この速度制限が解除されるには、翌月1日を待つしかありません。
有料オプションにて追加で通信量を購入して速度制限を解除することもできないので、月が替わるのを待つしかないということになります。

 

「ハイスピードプラスエリアモード」(au 4G LTE)を月に1度でも使い、なおかつその月に7GB以上の通信を行った場合

WiMAX2+の調子が悪いときに重宝するのが「ハイスピードプラスエリアモード」です。

 

このハイスピードプラスエリアモードを月に1度でも利用すると、たとえ「ギガ放題プラン」であっても月の通信量に7GBという上限ができてしまいます。
つまり「ギガ放題プラン」にも関わらず速度制限がかかるケースがある、ということです。

 

ハイスピードプラスエリアモードを使ったau 4G LTEでの通信の上限が7GB」ではなく、「全ての通信の上限が7GB」になってしまう点に注意が必要です。

 

直近3日間で10GB以上の通信を行った場合

10GB

ギガ放題プランで速度制限がかかるのは「3日間で10GBを超えた日の翌日のネットワーク混雑時間帯(18時頃〜翌2時頃)」で、通信速度が最大440Mbpsから最大1Mbps程度にまで制限されます。

 

この速度制限が解除されるには直近3日間の通信量の合計が10GBを切るのを待つしかありません。

 

なおUQコミュニケーションズでは10GBの通信量の目安を以下のように公開しています。
「パソコンを使って1日2時間半弱のペースでYouTubeの動画を超高画質モードで視聴すると、10GBに到達してしまう」ようです。

 

エリア外など、電波が弱い場所にいる

電波弱い

 

WiMAX2+の速度が遅い人で、旧規格のWiMAXではなく最新のWiMAX2+を使っている、月の通信量による速度制限もかかっていない、という人は電波がきちんと届いていないことが原因として考えられます。

 

実は、WiMAX2+の電波は2.5GHz帯という高周波数帯を利用しているために障害物に対して回り込みが弱いという電波特性を持っています。

 

なので、都心でも電波が弱くなってしまう可能性があるので、本体をカバンから出して使う、本体は立てて使うなど、電波の受信環境を整えてあげるようにしましょう。

 

また、そもそもエリア外ということも考えられます。
電波がきちんと届く状態に自分がいるのかどうか、チェックすることも必要です。

WiMAXならギガ放題一択【料金比較表】

先ほど述べた通り、月7GBの制限がある「ライトプラン」は、動画をよく見るユーザーにとっては通信制限にかかりやすく、使いづらいプランになります。

 

WiMAXで動画を心置きなく見たいなら、月間データ容量制限がない「ギガ放題プラン」一択です。

 

今「ライトプラン」でプロバイダ契約をしている人は、

  • ギガ放題プランに変更する
  • 他のプロバイダに乗り換える

上記のいずれかをおすすめします。
そして、せっかくならギガ放題の月額料金が安いプロバイダを選びましょう。

 

ギガ放題が安いプロバイダの料金を比較してみました!

 

プロバイダ名 Broad WiMAXBroadWiMAXロゴ画像 EX WiMAXEX Wimax GMOとくとくBBGMOとくとくBBロゴ画像 カシモWiMAXカシモWiMAXロゴ画像
事務手数料 \3,300(税込) \3,300(税込) \3,300(税込) \3,300(税込)
1ヶ月目料金 \2,999(税込) \3,905(税込) \3,969(税込) \1,518(税込)
2ヶ月目料金 \2,999 \3,905(税込) \3,969(税込) \3,971(税込)
3〜12ヶ月目料金 \3,753(税込) \3,905(税込) \4,688(税込) \3,971(税込)
13〜24ヶ月目料金 \3,753(税込) \3,905(税込) \4,688(税込) \3,971(税込)
25〜36ヶ月目料金 \4,413(税込) \3,905(税込) \4,688(税込) \3,971(税込)
37ヶ月目〜料金 \4,413(税込) \3,905(税込) \4,688(税込) \3,971(税込)
3年間の合計費用 \144,820(税込) \143,880(税込) \170,630(税込) \147,774(税込)
特典 乗換時の解約違約金最大19,000円負担 初期費用・端末代金無料 最大30,100円
キャッシュバック

なし

解約手数料

1年目 20,900円(税込)

2年目 15,400円(税込)

3年目以降は10,450円(税込)

契約更新月は無料

公式サイトURL

BroadWiMAX

BIGLOBEWiMAX

とくとくBB

カシモWiMAX

比較結果!ギガ放題最安値は?

上記表の通り、同じギガ放題プランでもプロバイダによって金額がまったく違う事がわかります。
そして3年契約の合計金額で考えてみると、一番安いのはEXWiMAXという結果となりました。

 

EXWiMAXよりも3年間の合計金額は1,000円高いですが、BroadWiMAXは他社違約金(解約手数料)負担キャンペーンを行っているので、他プロバイダからの乗り換えがお得に出来ますよ。

 

WiMAXでギガ放題プランを契約するならBroadWiMAXが一番おすすめと言っても過言ではないでしょう。

 

>>タップして【BroadWiMAX】の公式サイトをみる
詳細はこちらから

 

BroadWiMAXは初期費用無料キャンペーン実施中!

BroadWiMAXは高額な初期費用がデメリットでしたが、下記の条件で初期費用が無料になります。

  • WEBフォームから申し込み
  • 3年契約プランの選択
  • クレジットカード払いを選択
  • 安心サポートプラス、MyBroadサポートに加入(オプションですが、端末到着後無料で解約出来ます)

3年契約が不安な方もいるかもしれませんが、なんとBroadWiMAXから他のポケットWiFiや光回線に乗り換える場合の解約違約金が無料になる「いつでも解約サポート」もあるので、安心して契約が出来ます!

 

「いつでも解約サポート」についてはこちらで詳しく解説しています。

WiMAXで動画をサクサク見れる本数とは!?

さて、ギガ放題プランを契約し、WiMAXで動画をサクサク見るにはどうしたら良いのでしょうか?

 

基本的には「高画質」を避ければ問題がなく視聴できる場合が多いです。
WiMAX2+の通信速度は最大558Mbpsであることを念頭において、人気動画配信サイトの通信量を見ていきたいと思います。

 

YouTube

youTube画像ロゴ

 

YouTubeは画質が細かく分かれているので、それぞれの画質で1時間あたりに必要な通信量を見てみましょう。

  • 高画質(フル)1080pで約2.1GB
  • 高画質(HD)720p 約1GB
  • 標準画質(SD)360p 約330MB
  • 低画質 240p 約180MB

となっています。

 

高画質(フル)では、1時間2.1GBで多くの通信料を消費するので、毎日映画を見ていたらあっという間に3日で10GBの通信制限にかかってしまいます。

 

標準画質で見た場合は2時間の映画を4本見ても2.6GBにしかなりません。
これなら3日間連続で1日4本映画を見ても、10GBの制限を気にしなくていいですね。

 

ちなみに、3日で10GBの速度制限にかかって1Mbpsしか速度が出なくなっても、「0.5〜0.7Mbps」で再生可能なSD240pや360pの画質を選べば、ある程度快適にYoutubeの動画を視聴できます。

 

Hulu

Hulu

 

Huluの1時間あたりに必要な通信料は、

  • 画質設定「最高」…約1.8GB
  • 画質設定「高」…約1.08GB
  • 画質設定「中」… 約0.63GB
  • 画質設定「低」…約0.21GB

となっています。

 

動画を最高画質で観ると、1時間1.8GBもかかってしまうとは、通信量の消費が大きいですね・・・!
2時間の映画を3本で観ると10.8GBになるので、2時間映画を1日1本見るだけで、3日で10GBの速度制限対象に引っかかってしまいます。

 

ですが、画質設定「中」を選べばある程度綺麗な画質で動画をみることができ、しかも必要なデータ量は2時間で約1.2GBです。
これなら1日2本映画を見ても、3日10GBの速度制限に引っかかることはありません!

 

\2週間お試し無料!/

 

U-NEXT

U-NEXT

 

U-NEXTで1時間動画を見るのに必要なデータ量は、

  • 高画質…約2GB
  • 画質自動設定…約0.45〜2GB
  • 低画質…約0.2GB

上記のようになります。

 

なので、U-NEXTで高画質動画を見続けると、1日1本2時間映画を見るだけで、3日で10GBの制限にかかってしまいます。
一方、低画質なら1日8本映画を見ても通信制限にならずに動画を見ることができます!

 

ちなみに画質を自動で調整する設定にすると、1時間で0.45GB消費するときもあれば2GBも消費してしまうときもあるので、WiMAXを利用している時にはおすすめしない設定です。

 

1日で何本も映画を見たいなら低画質で、たまに見るなら自動や高画質を選んでも3日10GBの上限を気にしなくてよさそうですね。

 

また、速度制限時で1Mbpsに制限されていたとしても、低画質モードに必要な速度は「0.1〜0.5Mbps」なので、ある程度快適に動画を視聴することができますよ。

 

\31日間無料体験でポイントももらえる/

 

アマゾンプライム

amazon

 

Amazonプライムビデオを1時間見た際に消費する通信料は以下の通りです。

  • 標準画質(SD)…0.6GB
  • 高画質(HD)…1.8GB
  • 最高画質(UHD)5.8GB

 

つまり!
標準画質のSDで視聴すれば、3日間で16時間以上動画を視聴しても速度制限にならない、ということになります。

 

SDプランは画質が悪いと思われがちですが、SDってDVDと同じ解像度なので、普通にレンタルDVDを見ている人であればいつもと同じ画質なのです。

 

しかも、速度制限で1Mbpsの通信制限がかかっても、SD画質での視聴に必要な速度は「0.9Mbps」なので、少し映像は粗くなりますが視聴可能です。

 

↓おすすめWiMAXプロバイダ【BroadWiMAX】↓
詳細はこちらから

その他のWiMAXが遅い時の対処方法5選

ここからは、通信制限以外でWiMAXが遅い時にやってみるべき対処方法を5つ、まとめてみました!

 

1、置く場所を変えてみる

ルーターを置く場所

 

WiMAXの電波は、障害物によって弱まる時があります。
電波が弱いと感じた時は、窓際や周りに障害物がない場所に設置してみてください。

 

自宅のルーター置き場をいくつか試し、通信速度の速い場所を探しましょう。

 

2、省電力モード(もしくはバッテリーセーブモード)の解除

ルーターの省電力モード

 

WiMAXには、省電力モード(もしくはバッテリーセーブモード)という機能が付いています。
省電力モードに設定されていることで、連続動作時間は長くなりますが通信速度が制限されます。

 

WiMAXの通信速度を早くさせたい場合はハイパフォーマンスモードもしくはバランスモードにしましょう。

 

3、USB接続をする

USBケーブル

 

WiMAXにUSBを接続すると、通信速度が速くなります!
建物などの障害物によって弱まる電波が、USBに接続することによって無線接続より安定するためです。

 

接続するUSBにはいくつか種類がありますが、WiMAXに接続する場合は「通信用」と記載してあるものを選んでください。
また、WiMAXの機種によってUSBコネクタの形状が異なるため、USB購入前には形状を確認しておいてください。

 

4、周波数帯を変えてみる

周波数

ルーターを使用する際、周りにPCやスマホ等がある場合、電波干渉が起こる場合があります。
そんなときは、周波数を5GHzモードに切り替えることで通信速度を早くすることができます。

 

初期設定は2.4GHzモードになっていますが、「設定→通信設定→WiFi設定」より設定を変えることができます。

 

2.4GHzと5GHzの違い
周波数 特徴
2.4GHz 通信範囲が広く、遮蔽物に強い。 また、対応機器が多い

規格が古く速度が劣り、電波干渉する機器が多い

5GHz 通信速度が速く、電波干渉する機器が少ない

通信範囲が狭く、遮蔽物に弱い

両方にメリットデメリットがあるので、実際に試してみて両方を賢く使い分けましょう!

 

5、最新機種に変える

最新機種

「全てを試したけど通信速度が遅いまま・・・」「もっとサクサクインターネットや動画を見たい!」と考えている方は、この機会に最新機種に乗り換えるのも1つの方法です。

 

最新機種として「Speed WiFi NEXT W06」が発売されており、無線接続時下り最大速度867Mbpsで全機種中最速となっています。
また、USB接続時なら全機種中最速の下り1.2Gbpsという速さ!

 

このW06の機種は多くのプロバイダが取り扱っていますが、その中でおすすめしたいのは「BroadWiMAX」です。

 

BroadWiMAXならお得に乗り換えできる!

BroadWiMAX

 

BroadWiMAXでは他社WiFiサービスから乗り換えた人向けに、

  • 契約解除料最大19,000円が会社負担!
  • 初期設定費用(20,743円(税込))が無料!
  • 最新機種末端代金無料!

と盛りだくさんのキャンペーンを行っています。

 

他社では端末代金も有料のプロバイダがある中、最新機種W06が無料なのはとても嬉しいですよね。

 

さらにBroadWiMAXの月額料金は、月額2,999円(税込)業界最安レベルの安さなんです。

 

これだけの特典がもらえて、乗り換え後も安い月額料なのはBroadWiMAXだけ!
乗り換えを考えている方も、もっと詳しい内容を知りたい方も、まずはBroadWiMAX公式サイトをご覧ください。

 

↓タップして【BroadWiMAX】公式サイトをみる↓
詳細はこちらから

さいごに

WiMAX=動画が見られない、なんてことは全く心配しなくていいことが分かりましたね!
ただ、WiMAXの電波は障害物が多いと届きにくいという性質もあるので、少しでも電波を拾いやすいところにWiMAX本体を置いて、快適に使うようにしましょう。

 

また、WiMAXのプロバイダが変わっても通信環境はあまり変わらないので、価格を重視してお得なプロバイダを選ぶことが重要です。